Skip to main content
EN JA
EN JA

Michelin Japan

日本ミシュランタイヤ

世界屈指の自動車大国の1つである日本、ここ日本においてもミシュランはモビリティの発展のために活動しています。 ミシュランの世界三大研究開発センターのひとつが群馬県太田市にあり、ここでは冬用タイヤやアジアで使用するタイヤ、そして新車装着用タイヤの開発を行っています。 ビジネスとしては、乗用車や二輪をはじめ、トラック、バス、建設機械、農業機械、飛行機用のタイヤまで幅広いジャンルのタイヤを取り扱っています。
3 つのサイト

があります。
 東京本社:東京都新宿区
 太田サイト:群馬県太田市
 名古屋オフィス:愛知県名古屋市

1964

東京モノレール浜松町・羽田空港間に新設されたモノレールに、ミシュランスチールラジアル“X”タイヤが採用されました。これが日本におけるミシュランの第一歩でした。

550

の社員が在籍しています。
そのうち約半数が日本国内の新車および補修市場のマーケティング&セールス部門で、もう半数は世界で通用するタイヤを作る研究開発部門で活躍しています。

世界中に広がるミシュランの拠点

事業内容

タイヤ:   市販ならびに直需市場向け製品の輸入、販売、マーケティング、サービス
ガイドブック:   2007年11月、アジア初のミシュランガイド「ミシュランガイド東京2008」を発行しました。1900年の初版以来、ミシュランガイドの使命は変わりません。常に読者の旅の友となることです。伝統的な旅館から最先端のホテル、フランス料理から居酒屋まで、最良の宿泊施設及び飲食店をご提案しています。

もっと詳しく

Diversity Bib Heart Hands

日本ミシュランタイヤについて

会社情報

Japan - Side Stand Video

SSP: SIde Stand Project

~支える勇気・支えられる勇気~
ミシュランがサポートしているサイドスタンドプロジェクトのご紹介です。